積み木の家

空室対策を行なって投資を大成功させる|賢く運営しよう

入居者を集める方法

背広の男性

リフォームで客を呼ぶ

マンション投資を行う場合に、空室が生じると収益がなくなってしまいますので、早期に空室対策を行って空室を埋めることが大切です。どんなに人気のある物件であっても、入居者が退去することはありますので、その場合にどのような対応をとるかはあらかじめ計画しておく必要があります。空室対策として実施されるものとしては、リフォームがあります。基本的には新築物件の方が好まれますので、退去者が出た場合にはきれいにリフォームすることで、再び人気のある物件にすることができます。ある程度の資金をかけて、壁紙を張り替えたり、最新の設備を導入するなどを行えば、必ず入居希望者は増えていきます。目に見えて分かる空室対策が人気があります。

複数の対策を同時に実施

空室対策にはリフォームばかりではなく、直接的には目に見えないような対策もあります。例えば、積極的な広告活動があります。リフォームをしたうえで、そのことをアピールすれば、それだけ入居希望者の目に留まることになります。入居希望者は物件の情報を集めますが、その際のフィルターに引っ掛からなければ、せっかく物件の魅力をあげても見てもらえません。空室対策を行う場合には複数の対策を同時に行うことが重要なのです。リフォームや広告だけでなく、ペットの入居を可能にしたり、敷金を引き下げたり、家賃を引き下げるなどの方策も有効です。一つ一つの対策を随時行っていくよりも、一度にまとめて対策を打つ方が、結果的には効果を発揮することになります。

経営者目線での計画が必要

駐車場

駐車場を設置するビジネスを開始する時に金融機関から融資を受ける際は、経営者として事業の見通しを検討し、計画にまとめる必要があります。また、事業を開始する際は、周辺の駐車場料金を調べておくことで、料金面で顧客にアピール可能です。

More...

賃貸経営を考えます

スーツのウーマン

賃貸住宅の経営では、滞納金が発生するリスクがあります。賃貸保証会社を利用すれば、滞納金に関する心配がなくなります。社会環境の変化で連帯保証人の確保が難しくなっていますが、利用者を逃す可能性を低くすることに役立ちます。

More...

ビジネスチャンスです

マンション

マイホームの1室から始められるairbnbは、初期費用をかけずに簡単にお金が稼げると人気です。airbnbをマンションの空室対策に利用してみてはいかがでしょうか。空室管理から清掃までを代行してくれる業者を利用すれば、手間もかかりません。大阪市内でも代行業者を利用して収益をあげている物件があります。

More...