背広の男性

空室対策を行なって投資を大成功させる|賢く運営しよう

賃貸経営を考えます

スーツのウーマン

滞納の心配がなくなります

経済環境が悪化してサラリーマンとしての収入が増える見込みが低い近年、副収入を得ることに関心が集まっています。特に、効率良く継続的に高い収入を得る手段として、賃貸経営に取り組む人口が増加しています。生活拠点として住居は不可欠ですから、賃貸住居の需要は常にあります。しかし、事前に十分に確認していても、居住後に家賃を滞納させてしまう人は少なくありません。その際には収入の減少に繋がりますが、賃貸保証会社と契約していれば、副収入を安定させることに役立ちます。また、滞納者との交渉を直接行えば、人間関係のトラブルになる恐れもあります。しかし、賃貸保証会社が代行してくれれば、トラブルに巻き込まれる心配がなくなります。

保証人の確保が困難です

日本社会における伝統的な賃貸住宅の契約において、居住者の身元確認や利用期間中の滞納金の発生を予防するために保証人を連帯責任者として設けることが一般的でした。連帯保証人は親族がなることが多かったのですが、ライフスタイルが変化している近年では近隣にいないことは珍しくありません。その結果、保証人を前提していると、賃貸住居の契約率は低下する可能性があります。しかし、保証人がいなければ、滞納金発生の危険性があります。したがって、業務として保証代行をしている賃貸保証会社を利用すれば、保証人が不在の利用者を逃すことなく滞納金が発生するリスクを解消することが可能です。また、賃貸保証会社次第では、家賃管理を全て代行してくれる場合もあります。